1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 電気工事施工管理試験の対策
  4. » 電気一般問題/出題傾向と重要項目集/電気工事施工管理技術検定 実地試験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

電気一般問題/出題傾向と重要項目集/電気工事施工管理技術検定 実地試験

電気一般問題/出題傾向と重要項目集/
電気工事施工管理技術検定 実地試験


実地試験では、電気一般、ネットワーク工程表、施工管理法、法規などから出題されます。次のサイトに、実地試験の対策が紹介されています。
過去問、出題傾向と出題予想のページが参考になります。
 http://kensetu-shikaku.gambaya.com/denkisk/

実地試験で、どの問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、よくわかります。
対応しなければならない項目の重要度、覚える優先順位などが掲載されています。

電気工事施工管理技術検定、実地試験の、出題傾向と重要項目の例を紹介します。
〔電気一般問題の項目集〕

電気 実地  H27-2-2  H25-2-2  H21-2-2
高圧活線近接作業
〇充電電路には絶縁用防具を装着し、作業者には絶縁用保護具を着用させる。
〇活線作業用器具を使用し、活線作業用装置の使用を遵守する。
〇ケーブルラック、ケーブルを保護する金属製の管などには、A種接地工事を施す。
〇人が触れるおそれのない施設の場合は、D種接地工事とする。


電気 実地  H26-2-3  H24-2-2  H20-2-3
機器の取付け
〇機器の取付けは、機器の重量、大きさによって適切な方法で、造営材に堅固に取り付ける。
〇照明器具の天井取付けは、重量の軽いものを除いては、天井スラブから直接ボルトによってつり下げ、二重天井に荷重をかけないようにする。
〇床取付けの機器の取付けは、地震のときに移動したり転倒したりしないよう、躯体にアンカボルトで堅固に取り付ける。アンカボルトの太さ、本数は地震力に耐えるよう計算して決定すること。
〇自立形制御盤などの底面積にくらべて高さが高い機器の取付けは、壁から頂部に振れ止めの措置をする。壁から離れている場合には、機器上部から斜めに背面支持材を取り付けて転倒を防止する。
〇非常用発電機など防振装置を介して設置されている機器の取付けは、それぞれに適した耐震ストッパを取り付けて、異常な転移や転倒を防止する。


Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://gambaya11.blog.fc2.com/tb.php/116-d2e8abf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

カテゴリ
ブログ記事の検索
最新記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



QRコード
QR
アクセスランキング



RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。